教育プログラム紹介

“モノを大切にする気持ち”や“ICTを使ったコミュニケーション”などを楽しく学べる教育プログラムを提供します。
タブレットをただプレゼントするのではなく、タブレットの使い方やICTと関わるメリット・デメリット、またタブレットがPCの寄付(リユース)によってこどもたちの前にあることをきちんと伝えてから 下記のような教育プログラムを実践していきます。

環境教育プログラム

タブレットがPCをリユースして届いたものなので、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を学び、モノを大切にしていくことの大切さをワークショップを交えながら考える。また、身の回りの環境や自然を感じながらタブレットで撮影。写真や動画で動植物などの記録をとったり、周りの人に“良さ”を広げる際に使用したりなどプログラムは多彩。

ICT教育プログラム

「動物ものまねクイズ!タブレットでクイズ番組をつくろう!」と題して、人とタブレットのコミュニケーションの違いを学ぶ。また、こどもたちが動画・写真を撮り合い、個々の“良さ”について発見したりなど、“タブレットを通したから分かる”、人とICTのコミュニケーションの取り方を学び、ICTとの良い付き合い方について考える機会をつくる。

講師紹介

一般社団法人森の演出家協会代表
土屋 一昭(つちや かずあき)氏

東京都青梅市の御岳にある築150年の古民家を拠点に「森の演出家」の第一人者としての事業を開始。
古き良き日本文化と自然体験を行うサービスを提供してきた。
自然と共に生きる彼の姿は話題となり、現在はTVや雑誌などのメディア出演や大使館・自治体・学校現場などからの依頼で全国各地を飛び回っている。
2013年より「森育」「食育」「人育」をテーマにした森の演出家事業の本格的な準備に入り、その動向に各界から注目を集めている。
資格 / 自然観察指導員、森林セラピーソサエティガイド認定、上級救急救命、メディックファーストエイド、調理師免許、火おこしマイスター
www.tokyomoutain.jp

俳優・演出家
神山一郎(かみやま いちろう)氏

玉川大学文学部芸術学科演劇分野卒業。以降、舞台演出・出演を中心に活動。 俳優のためのワークショップ「演技集団オムニプレゼンス」を8年前より主催。 参加メンバーとともに数々の舞台、映像作品を製作し、それらの演出を手掛ける。 社会福祉士の資格を持ち、障がい者、児童、高齢者向けの演技ワークショップも開催。
artofgroup.wix.com

環境教育指導者・情報教育指導者
松田 悠(まつだ はるか)氏

3年間、環境教育NPOで小中学校の環境学習をコーディネートし、企業や専門家と年間100回以上授業を行う。 その後フリーに。現在は「環境」「教育」「地域活性」をテーマに、企業のCSRの環境学習をコーディネートしたり、環境学習教材の制作にも携わる。 また青梅市と協働で「おうめこどもエコクラブ」を主宰。クラブ会員は約50名在籍しており、定期的にこどもが身近な自然・エコを学び考える機会をつくっている。 工学部卒業時に情報教育教員免許取得。環境同様に、情報教育の必要性を感じており、学校現場で活躍中。
umekou.net/Ecoclub