リユースで社会貢献したい法人の方へ

『リユースforきっず』に協賛したいと思ったら、まず社内調整を行って頂き、不要なPCのリユースと寄付プラン(10台か50台)をご決定ください。 その後、不要PCのリユースと教育プログラムを実施し、活動報告書をお届けします。
もちろん不明な点は、事務局が全面サポート致します。下記詳細をご覧いただき気軽にお問い合わせください。

リユースforきっず by PCに協賛頂くまでの5ステップ

  • 協賛するかを決める
  • 不要なPCをリユースする
  • こどもたちへ教育プログラムを贈る
  • 報告書が届く
  • 社内でリユース活動を広める

ステップ1:協賛するかを決める

不要PCの処分方法として、処分コストが少なく、また環境に配慮した方法としてリユースがあります。
リユースするPCの一部を『リユースforきっず』に寄付頂くことで、こどもたちに教育プログラムを贈ることができます。

【図】 不要なPC100台をリユースし、一部(50台)を「リユースforきっず」に寄付、50台を通常引き取りをする場合。貴社へのメリット:1、リユースforきっずへ無償で協賛でき、未来を担う子供に教育プログラムを贈れる。2、(株)パシフィックネットが基準価格で買取してくれ、循環型社会へ貢献できる。

ポイント:プロジェクトへの協賛は、不要PC10台から

リユースするPCのうち10台か50台を寄付頂くことで、『リユース for きっず』に無償で協賛することができます。
【図】

ポイント:必要があれば説明サポートも行います。

ITとCSRなど部門を越えて社内調整が必要な場合は、事務局メンバーが説明のサポートを致します。
お気軽にご相談ください。

【図】RFK事務局側から企業様へ「リユースforきっず」の趣旨説明や、リユース専門家の派遣、プログラムの実施と報告の調整などサポートいたします。

Back to top

ステップ2:不要なパソコンをリユースする

不要なPCは、パートナー企業である㈱パシフィックネットがリユース & リサイクルを行います。
回収からデータ消去までは無償で実施致しますが、証明書発行のみ有償となります。

【図】不要なパソコンをリユースするまでの流れ1:不要なPCは、通常引き取りと寄付のもの一括で無償引き取り、トラックにてテクニカルセンターまで配送いたします。2:回収したPCは(株)パシフィックネットのテクニカルセンターの万全なセキュリティ体制のものと無償にてPC内のデータを消去いたします。3:必要な企業様には別途有償にて「データ消去証明書」を発行いたします。

ポイント:万全の情報セキュリティ体制下でのリユース&リサイクル

㈱パシフィックネットのテクニカルセンターは、万全な情報セキュリティ体制のもと、リサイクル & リユースを行っています。
入退出の管理
外部からの侵入を防ぐため、入退室時にはカードキーによる認証を行っています。ISMSに準拠した管理体制を全支店で徹底して行っています。
媒体管理体制
書類やメディアはすべて鍵付きのキャビネットに保管。廃棄の際にはシュレッター処理を行い、情報機器からのデータ流出を防止しています。
防犯カメラ
情報機器が保管される入荷場所から作業場まで、カメラを設置。外部から侵入はもちろん内部からもデータ漏洩を行えない環境づくりに努めています。
社内体制
セキュリティ対策室を設置し、維持・運用・改善・監査を徹底。従業員教育、内部監査等フレームワークに準じた体制を敷いています。
プライバシーマーク
プライバシーマーク制度
適 用 規 格:JISQ15001 :2006準拠
認証登録番号:第10590075号
認証取得日:平成19年9月18日
国際的に整合性のとれた情報
セキュリティマネジメントに対する
第三者適合性評価制度です。
認証登録番号:IS506516
Back to top

ステップ3:こどもたちへ教育プログラムを贈る

1社で50台寄付いただいた場合は1社単独でプログラムを開催、1社で10台を寄付いただいた場合は5社合同でのプログラム開催となります 。
1社で50台寄付した場合は、支援先・プログラム内容・開催時期を貴社で決めることができます。

【図】1社で10台寄付した場合:3社50台の寄付が集まり次第、RFK事務局が支援先・プログラム内容・開催時期を決定します。1社で50台寄付した場合:支援先・プログラム内容・開催時期などを決めることができます。

Back to top

ステップ4:活動報告書が届く

寄付頂いたPCをリユースし、こども向け教育プログラムを実施後、活動報告書を電子データにてお送り致します。なお活動報告書について、オリジナルデザインをご希望の場合や、動画制作・印刷物など別途ご要望がある場合は有償での対応となります。

参考:「リユースforきっず」活動報告書PDF

Back to top

ステップ5:社内でリユース活動を広める

定期的に生じる不要なPCや、年末年始の大掃除、社員の転勤などで出てくる不要な本を集めて寄付頂くことで、より多くのこどもたちへ教育プログラムを贈ることができます。
『リユースforきっず』を継続的に活動を続けるために、是非ご協力ください。

本のリユースについてはこちらをご覧ください。
by BOOK(チャリボン)バナー